海水魚飼育を始めよう
自作オーバーフロー(サイフォン式)の作成
@60cm規格水槽を使い濾過槽の作成

イメージは下図のような感じ。
・3つの部屋の左の部屋で生物ろ過。
・次の真ん中の部屋にヒーター等を設置。
・右の部屋にポンプを設置し、キレイになった水を水槽に揚げる。


用意する材料
・アクリル板(厚さ5mm)
・パンチングボード(厚さ3mm)
・バスボンド(クリア)【防カビなし】


作業手順
1、 60cm水槽のガラス内側の寸法を測り、アクリル板(5mm)をカットする。
     (管理人の場合は285mm×275mmを2枚作成)
2、 左の部屋と中央の部屋の大きさに合うように、パンチングボードをカット。
3、 2枚のアクリル板と水槽のガラス内側(赤い部分)をバスボンドでしっかりと接着する。
管理人の場合は
  A:40mm
  B:40mm
  C:80mm
  D:200mm
  E:220mm
  F:180mm
でやっています(誤差はあります)が、そんなにシビアになる必要はないかと思います。
接着の際の注意点としては下図の様にしっかりとガラス面とアクリル板を接着することです。
特にAのアクリル板には、かなりの水圧がかかるので特に注意です。
4、 適当なプラスチック等でパンチングボードの台を作り、その上にパンチグボードを乗せれば完成です。
     パンチングボードは接着しません。理由は濾過槽を掃除する際に取り外せるようにするためです。


     管理人は100円均一でプラスチックのカゴを購入し、適当な高さにカットして台をつくりました。
横から見ると下図のような感じになります。

Homeに戻る
Copyright(C)2010  海水魚飼育を始めよう All Right Reserved.